神奈川県藤沢市・藤沢駅より徒歩5分の音楽教室パセオでは、クラシックギター・アコースティックギター(フォークギター)・エレキギター・
ジャズギター・ウクレレなど、ギター系のレッスンが充実!お気軽に無料体験レッスンをお試し下さい♪
HOME音楽コラムクラシックギターって何?

クラシックギターって何?

一般に「ギター」と言っても、様々な種類のギターがあります。
エレキギター、アコースティックギター(フォークギター)、クラシックギター、などなど・・・
最近ではクラシックギター・フォークギターの事をまとめて、
アコースティック・ギターという言葉が多く使われるようにもなりました。
アコースティックと言うのはエレクトリックに対する言葉であり、
電気で音を増幅したり加工したりするエレクトリック・ギターに対して、
あくまで生の音で演奏するのがアコースティック・ギター(生ギターと呼ぶ人もいます)
だと言って良いのではないかと思います。
また、アコースティック・ギターといっても色々な種類がありますが、
大きく分けて、スチール弦(鉄弦)を張ったものとナイロン弦(ガット弦)を張ったものがあります。

これらは、演奏する音楽のジャンルや、求めている音色によって使い分けられています。
ミュージシャンによっては、演奏する曲によって両方の楽器を使い分ける人もいます。



クラシックギタークラシックギター

クラシックギター

クラシックギターとは、ガット・ナイロン・フロロカーボンなどの弦が張られたギターのこと。スパニッシュ・ギターとも呼ばれる。
またフラメンコに使用されるクラシックギターは、激しい演奏からボディトップを保護するためのゴルペ板を装着するなどフラメンコ演奏に最適化された仕様となっており、クラシックギターとは区別してフラメンコギターと呼ばれる。

アコースティックギター

フォークギター(アコースティックギター)

フォークギター(一般的によくアコースティックギターと呼ばれるもの)とは、アンプを使った電気増幅を伴わなくても演奏可能なギターであり、かつスチール弦を使用しているギターの総称。
アコースティックギターのうちの一種。

エレアコギター

エレアコギター(マイク内臓型アコースティックギター)

エレクトリックアコースティックギター(通称エレアコ)は、アコースティックギターにピックアップ(マイク)を取り付け、アンプ等から大音量で演奏する事を可能にしたギター。ポピュラーミュージックのコンサートの大音量化の流れの中で、アコースティックギター本来の音をそのまま増幅できるように開発されました。音色や使いやすさを調整するために、部分的に従来のアコースティックギターとは構造が違うところもあるが、生音での使用も可能な物が主流です。

フルアコタイプ・エレキギター

フルアコタイプ・エレキギター(ジャズギター)

アコースティックギターと同程度の空洞部を胴にもつエレキギター。
最初期に開発されたタイプは、ピックギターのボディに弦振動を電気信号に変えるピックアップ(マイク)を取り付けたもので、音はかなり柔らかく厚みのある音。
スウィング・ジャズの頃から用いられ、ビバップ形式の演奏などでは現在も主要なギターである。

エレキギター

エレキギター(ロックギター)

エレキギターは、弦の振動をピックアップ(マイク)で電気信号に変え、ギター本体とギターアンプをシールド(ケーブル)で接続し、任意の音量で演奏できるギター。
エフェクターなどで音質を変化させやすいため、多彩な表現が可能。
様々なジャンルの音楽に用いられます。



次の記事→【弾き方&どんな曲?】

このページのトップへ